Publications

(14) Utilizing the Moodle Database Activity for Supporting Student-Centered Learning in Developing an Intensive English Program Curriculum, 共著, 2019年3月, 長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第19巻, This paper reports on using an LMS Database Activity to support Intensive Language study curriculums.

(13) Preparing Students to Study Abroad in the Netherlands, 共著, 2019年3月, 長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第19巻, This paper reports on the strategies for preparing students for studying abroad in academic situations in the Netherlands.

(12) From Activity Sharing to Course Sharing through Moodle LTI, 共著, 2017年6月, MoodleMoot Japan 2017 Proceedings, This paper discusses the uses of LTI for breaking down the barriers between LMSs for more collaborative learning experiences. This paper shows the results of a JSPS KAKEN research grant.

(11) Improving the Global Tourism Course Curriculum with Regard to Study Abroad Preparation: Initial Observations on One Student’s Experience at a Dutch University, 共著, 2017年3月, 長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第17巻, This paper presents initial observations on how the Global Tourism Course (GT) curriculum can be improved with regard to preparing students to study abroad.

(10) An Exploration of Creative Sentence Writing as a Means for EFL Vocabulary Acquisition, 共著,  2017年3月,  長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第17巻, In this paper, the results of a semester-long study curriculum for English vocabulary learning was reported.

(9) Methodological Changes to an Active Learning Tourism Video Project, 共著,  2017年3月, 長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第17巻, グローバルツーリズムコースの学生対象のビデオツーリズム促進プロジェクト(2016年前期)についての研究論文。

(8) Tourism Promotional Videos for Language Learning, 共著, 2016年3月,  長崎国際大学研究センター, 長崎国際大学論叢第16巻, グローバルツーリズムコースの学生対象のビデオツーリズム促進プロジェクト(2015年前期)についての研究論文。

(7) Implementing Online School Collaboration Projects with Learning Tools Interoperability, 共著, 2015年11月,  2015年11月Pixel Online ICT for Language Learning Conference Journal, イタリアフィレンツェでの言語学習学会のために書かれた研究論文。5大学を結ぶ科研費に基づいたプロジェクトで、 ムードルとMNet/LTIを用いたオンライン共同学習

(6) Supporting Active Learning with Moodle, 共著, 2015年3月,  長崎国際大学研究センター
長崎国際大学論叢第15巻, オンラインの学習テクノロジーを活用することによってもたらされるアクティブ・ラーニングへの利点について調査を行った。

(5) The University of Nagasaki – Online Resource Center How To Use – Part I, 単著, 2013年12月,  長崎県立大学経済学部論集(旧長崎県立大学論集)第47巻3号, プロジェクトの目的は長崎県立大学におけるORC設備の使用方法を詳しく説明し、それによって大学スタッフや学部にORC導入を推進する事である。基本的な機能に対応する簡単なハウツーガイドを提供する事によって、施設におけるそのようなシステムの利点を印象付ける目的であった。

(4) Virtual Language Program, 2013 JSPS KAKEN Grant Proposal, 単著, 2012年11月7日, Not accepted。

(3) iMoot Participation Report, 2012 Moodle Association of Japan Newsletter, 単著, 2011年11月8日。

(2) PoodLLPup – The Bootable Open-Source Language Laboratory, 単著,  2011年6月,  長崎県立大学経済学部論文集第45(1),15-28, 2011-06-00, 長崎県立大学経済学部学術研究会,  プロジェクトの目的は、コンパクトディスク上に個々に使用できで持ち運びが可能な言語研究室を作り出すこと。 オープンソースのツールや役立つ機能を用いて、PHPラーニングマネージメントシステムとストリーミングメディアサーバーの両方を備えた個々に機能できて持ち運び可能なウェブサーバー の実行が可能になった。

(1) Video News Casting in English: Using Video to Promote English Communications, 単著, 2008年4月, JALT月刊誌: The Language Teacher (Vol 32:第4号), My Share – 英語とビデオ編集機能を用いて、学生達とニュース番組を作るという授業のための計画についての詳細。